PAGE TOP

年齢肌と戦うママぶろぐ

TOPPAGE > 私の母親の肌はとても尋常性瘡ができや

私の母親の肌はとても尋常性瘡ができや

私の母親の肌はとても尋常性瘡ができやすくて、自分も中学から尋常性瘡に悩まされ、二十歳を越えた今でも、すぐに尋常性瘡ができてしまうので、お手入れは意識してしています。

また、三歳になる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり初めています。涙ぐましいことに絶対に尋常性瘡肌になりそうです。
遺伝とは怖いと思いました。
気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしていますのですが、ある時、なぜか鏡を見て、さらにじっくり見て大変驚いてしまいました。

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのかはっきり映っていました。この時のことをきっかけとして、私は決心しました。どんなに疲れて帰ってきても本日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌を大切にしよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。


私は普通、美白に配慮していますので、年がら年中、美白タイプの基礎化粧品です。

やはり、用いているのと利用していないのとでは著しく違うと思います。
美白タイプのものを使用してからはシミやくすみがさほど無理を感じ指せなくなりました。



寒くなってくると、乾燥を気遣って皮膚のケアをしますが、それが反対に尋常性瘡の数が多くなる要因になっているように感じるケースがあるんです。普段は使用しないようなオールインワン化粧品などを使用することが皮脂腺への刺激になり、毛穴くろずみや炎症を誘発して、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがあるそうです。


敏感肌のスキンケア用に使用する化粧水には、余分なものを配合していないシンプルなものがいいです。


界面活性剤などの成分が入っていたりすると、肌が張ってしまい肌トラブルが起きやすくなります。したがって、安い化粧水でもすごくですので、肌にたくさん塗り、保湿をします。
尋常性瘡は体内に摂取したものと非常に関連性があるんです。食べるものに気をつければ尋常性瘡に良い影響を与えることにもなります。野菜を中心としたご飯メニューにして、できるだけビタミンやミネラルを取るように心がけましょう食物繊維が豊富な野菜を食べることは、便秘解消の見地から言っても、尋常性瘡の改善につながります。肌の潤いをキープしたまま、汚れをとることが、尋常性瘡ケアには必須です。


中でも大人尋常性瘡の場合は、乾燥指せないことが絶対条件のため、皮脂を取り除きすぎない洗顔がポイントです。



牛乳石鹸はそれを可能にしてくれます。


ミルクバターをまぜあわせた牛乳石鹸なら、肌を乾燥指せずに汚れも落とし、尋常性瘡ケアに効き目あり!なのです。

昔、尋常性瘡が顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、皮膚科に行ってみることにしました。

医師から、これを処方しますので、塗って様子をみて下さいと言われ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。ステロイド系の塗り薬の効果は素晴らしいものですが、強い薬ですので、状態の改善が見込めたら塗布する割合を少しにしていったほうが好ましいそうです。



化粧品で初めて使う商品のものは自分のお肌にマッチしているのかはっきりしないので、使うのにわずかに渋る事があるんです。

店の前のテスターでは不明なこともありますから普段より少し小さいサイズで、廉価なトライアルキットなどがあれば体操嬉しいです。乾燥肌にならないためには、洗浄力が控えめの刺激が少ないクレンジング剤を選びます。
落とすのが厄介なポイントメイクはそこだけ専用のリムーバーを使い、肌が荒れないようにして下さい。顔を洗う際もゴシゴシと一生懸命、擦るのはいけません。
ホイップ状の泡を立てて優しく洗い、ぬるま湯で十分に流すようにしましょう。


Copyright (C) 2014 年齢肌と戦うママぶろぐ All Rights Reserved.